熱反射遮熱FOボート

Menu福田温熱空調は 低炭素社会実現に向けチャレンジしてます

熱反射遮熱FOボートの施工方法

ウレタン吹付断熱施工例

※施工注意点 母屋間にはめ込み、屋根タルキにステープル等でとめてください。屋根タルキが通気層となりますので勾配のトップには棟換気部材を取り付け、排熱、除湿を高めることで より効果が上がります。
※2 反射面は必ず空間(通気層)をとってください。下端より60m/mのところに内折り目がついています。上端は現場で屋根勾配に合わせてカッターでカットします。
※3 母屋 3.5寸(105m/m)芯々1m,5寸勾配まで1枚ものでOK。それ以上はカットし、つぎ足して使って下さい。


熱反射遮熱FOボード価格表

品  名 規  格 価  格 適  用
全国仕様 熱反射遮熱FOボード 3×1060×990mm  20枚/ケース 20,000円(税別) 運賃別途
北陸限定 熱反射遮熱FOボード 3×1060×1900mm 10枚/ケース 18,000円(税別) 運賃別途

熱反射遮熱FOボードの遮熱断熱効果 へ

福田温熱空調 Copyright(C) 2008 All rights reserved.

Site MapContact Us TOPページ 主な事業内容 通気遮熱FOボート 熱反射遮熱FOボート アイシネン断熱工事 気密測定・温熱計算 外皮U値・Q値計算・C値 防音測定・診断 お問合わせ リンク 山男のつぶやき